スロウな本屋

オンラインショップ

yosano

2021年05月08日(土)

オンライン読書会「やわらかくひろげる 与謝野晶子『新編 激動の中を行く』を読む」

ようこそ、読書会「やわらかくひろげる」へ
哲学カフェスタイルの読書会「やわらかくひろげる」を開催します。本は一冊をまるごと読み込んで、著者の意図を頭で解釈しないとちゃんと理解したことにならない。そんなふうに思われがちですが、その日の気分や直感で本のページをパラパラめくって、1行・1句の気になる「ことば」を見つける。そこに自分との関わりを見つけるコツさえつかめば、その本は今日という一日を豊かにしてくれる、あるいは人生という時間を豊かにしてくれる自分だけの一冊になります。詩や小説や随筆、文学のことばで表現される世界と、自分の内なる世界とのつながりをみつけて、自分のことばで語ってみる。ついでほかの参加者の語りに耳を傾け、自分の内なる世界を、 ふたたび他者や社会へ、 外側へとやわらかくひろげる。そんな想像力のレッスンを共にしましょう。研究会や勉強会のような、難しいことはありません。学問的・歴史的な知識を前提とせず、いまここで出会った「ことば」がみずからに問うものを一人ひとりが心身で受け止め、分かち合う場です。発言しないで聞いているだけでも大丈夫です。どうぞ気軽にご参加ください。
<読書会「やわらかくひろげる」主宰 アサノタカオ(サウダージ・ブックス)>

– – – – – – – –

オンライン読書会「やわらかくひろげる 与謝野晶子『激動の中を行く』を読む」では、本書の編集を担当したアサノタカオさんのご案内のもと、哲学カフェの形式で2つの課題作品をじっくり読みます。課題作品を事前にお読みいただけるとうれしいですが、事前にお読みいただかなくても楽しんでいただける内容です。はじめての方も歓迎します。

<課題作品>
・与謝野晶子の詩「そぞろごと」
・随筆「自己に生きる婦人」(いずれも本書所収)

– – – – – – – –

日 時:5月8日(土)16:00 – 18:00
参加費:1,500円  + 書籍代 2,530円
定 員:10名

– – – – – – – –
<書籍について>
akiko_coverobi_moto.indd

『新編 激動の中を行く——与謝野晶子女性論集』
与謝野晶子 著 もろさわようこ 編集・解説 新泉社 刊 2,530円(税込)  ご配送の場合送料210円別途

– – – – – – – –
<お申込み方法>

4月14日(水)11:00amより、受付開始 

スロウな本屋まで、メールにてお申込みください。
1)件名「やわらかくひろげる」、本文に ①お名前 / ②ご住所 / ③当日の緊急連絡先のお電話番号 / ④書籍のお受取方法(ご来店/ご配送)) をご明記の上、info★slowbooks.jp(★を@に変えてください)宛に送信してください。
2)当店からの返信メール(受信設定にご注意ください)に記載の口座宛に参加費をご送金ください(お近くの方は、店頭でのお支払い可)。ご入金確認後、イベント当日のURLをメールでお知らせします。
3)キャンセルの場合、参加費の返金はありません。なんらかの事情でイベント開催ができなかった場合、ご返金いたします。

– – – – – – – –
<講師プロフィール>
アサノタカオ
1975年生まれ。編集者。大学卒業後、2000年からブラジルに滞在し、日系移民の人類学的調査に従事。2009年よりサウダージ・ブックスの編集人をつとめるかたわら、現在は新泉社・野草社で詩人・山尾三省の本などの企画編集を担当している。随筆集『読むことの風』(サウダージ・ブックス)。

tumblr

pagetop
×