スロウな本屋

オンラインショップ

instagram

twitter

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • くろ

    作/きくちき

    1,650円(税込)

    犬の「くろ」が、夜をとおして、猫の「しろ」に思いをつのらせる。あいたいきもち、あえないきもち。やっとあえた時、命がかがやく。

  • ぼくとお山と羊のセーター

    作/飯野和好

    1,540円(税込)

    秩父の山間のたった3軒だけの集落で育った著者が、その子どものころの思い出を描いた絵本。畑を耕し、牛や鶏を飼い、自家製のお茶まで作る自給自足の生活の中で、育てた羊の毛で作ってもらうセーターを心待ちに過ごした1年を四季のめぐりとともに描きます。

  • おはよう ぷにょ

    作/祖父江慎

    1,430円(税込)

    紙となかよくなる雑誌『『ぺぱぷんたす』から飛びだした、ぺぱぷんたすBOOK『おはよう ぷにょ』。ぺぱぷんたす004号で話題になった「みずころがしがみ」が 祖父江慎さんの手によって、あそべる本になりました。本の中身はもりだくさん! 表も裏も遊べる「みずころがしがみ」4枚と「ぷにょの め」シート、そしてかわいいぷにょの絵本がセットになって入っています。

  • ぺぱぷんたす 006【再入荷次第発送】

    2,300円(税込)

    かみで できること。かみだからこそ できること。コドモゴコロいっぱいの おとなたちが ホンキで たのしんで、ホンキで あそびながら かんがえました。やくには(たぶん) たちません。せいかいも ありません。でも ここには ワクワク、ドキドキ、ニコニコの あそびや はっけんが つまっています。やぶったり、おったり、かいたり、くみたてたり、はったり、のぞいたり・・・。

  • あのこ

    作/樋勝朋巳

    1,430円(税込)

    おとずれるのは、やわらかで愛おしい時間。ちいさいまどからやってくる、ちいさいあのこ。トントン、トントン、こんにちは。ちいさなラッパ、ちいさなおさかな、へんそうようのおひげ・・・いろんなものをもってやってくる。ときには、いたずらしたりして!ほら、またあのこがやってきた。

  • ママって すごーい!

    作/クリス・ホートン

    1,870円(税込)

    ぺんぎんは、パパもママも協力しあって子育てします。パパがチビちゃんを守っている間に、ママがごはんをとりにいきます。ママは泳ぐのも、ジャンプも、いつだっていっしょうけんめい。だけど・・・ ママは無事に帰ってこられるでしょうか? 『ちょっとだけまいご』でお馴染み、クリス・ホートンのユーモラスな絵本。

  • ことばとふたり

    作/ジョン・エガード
    絵/きたむらさとし(絵・訳)

    1,760円(税込)

    ことばを知らない生きものがいた。喜びも悲しみもぜんぶ感じていたけれど、それをなんというのか知らなかった。苦しくてつらいとき、ことばを知っている生きものと出会った。気もちを表すことばを、はじめて知った――。だれかとわかりあえるって、なんてすてきなんだろう! 詩人と絵本作家が贈る出会いの絵本。

  • 星ぼしでめぐるギリシア神話

    著者/百々佑利子
    絵/花松あゆみ

    924円(税込)

    ゼウスやヘルメス、アプロディテなど、惑星に名をとどめるオリュムポスの神がみ。ヘラクレスやペルセウスの冒険、勇敢な天馬ペガススや恐ろしいヒュドラなど、星座に結びつけられてきた英雄や動物たち。何千年もの時を超えて、人びとにうたわれ、描かれ、語り継がれてきた豊かな神話を、夜空に広がる星ぼしから物語る。

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • 森からの調べ

    著者/山本美文

    4,290円(税込)

    木工 山本美文さんのブログ「木工房便り」に感銘を受けたギャラリー七寶 (qibao gallery / 北京、中国) が、 2022年9月、同ギャラリーで開催する個展のために制作した本。山本美文さんのことばを通じて、作り手の日常や思想、ものづくりの世界を知ることができる、静謐であたたかみのある一冊に仕上がった。装幀は猿山修(ギュメレイアウトスタジオ)。中日二か国語表記。

  • 別冊太陽 篠田桃紅

    2,860円(税込)

    墨による独自の抽象表現を確立し、建築的なスケールの創作活動を自在に展開した孤高のアーティストの画業とその人生の道のり、そして透徹した美意識が見出したものを紹介する。

  • 山學ノオト3

    著者/青木真兵 海青子

    2,200円(税込)

    「なんだか僕は「言葉にできること」しか言葉にしていない気がしている。」 奈良県東吉野村。人口一七〇〇人の村の山あいに佇む一軒家、人文系私設図書館「ルチャ・リブロ」。自宅を開放して図書館を運営する夫婦が、仕事に、生活に、山村と街を、あるいは彼岸と此岸を往復しながら綴った日記に、エッセイや草稿「研究ノオト」を収録した、日記帳。

  • 偶然の散歩

    著者/森田真生

    2,200円(税込)

    思索、数学、子どもとの時間、今という瞬間……。偶然の日々の中で一度きりのすぐ近くにある、永遠をつかみたい。その思いを胸につづられ、あふれでてきた、詩のような言葉たち。「散歩は、子どもたちとの本当の散歩のときもあれば、先人や先達との、時空を超えた思索の散歩のこともあった。二度とない偶然の散歩を、心に刻みつけるように書いた。」(まえがきより)

  • 「死んでもいいけど、死んじゃだめ」と僕が言い続ける理由

    著者/大空幸星

    1,562円(税込)

    苦しいときは、誰かに頼れば出口は必ず見つかる-。24時間365日無料チャット相談を立ち上げた現役慶大生が、自身の経験をもとに、心を守るための具体的なヒントを紹介する。

  • 戦争日記

    著者/オリガ・グレベンニク

    1,595円(税込)

    子どもたちの腕に名前と生年月日、連絡先を書いた。万が一、死んでしまっても身元が分かるように…。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻がはじまってから、地下室での避難生活をへて国外に脱出するまで。2児の母で絵本作家である著者の実体験を、鉛筆一本で文章と絵で綴った日記。

  • みらいのからだのーと 増補改訂版

    著者/早川ユミ

    1,980円(税込)

    からだは自然からのおくりもの。土を耕し、種をまき、その土地で採れたものを活かしきる。畑の野菜を育てるように、草木染めした布を一針一針ちくちくするように、身体をいたわり手当てする。そんな暮らしを実践してきた著者が、様々なからだの不調に悩む現代人に伝える、自助のちからを信頼し“からだを取り戻す”ためのレッスン。著者自身が描いた、ページからはみ出しそうなおおらかで大胆なイラストも魅力。

  • まだ見ぬソール・ライター THE UNSEEN SAUL LEITER

    著者/ソール・ライター、マーギット・アーブ、マイケル・パリーロ

    4,180円(税込)

    世界および日本でも高い評価を得ている写真家ソール・ライター。アトリエに遺された約1万余の膨大なスライド写真から、76点を厳選し収録する。アトリエ風景、カメラ機材なども掲載。 何の変哲も無いものを写して そのなかに“特別な何か”を見つけるのが好きなのです —ソール・ライター

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • otonaehon

    2022年11月06日(日)

    大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間「大人(  )絵本の会」。大変な毎日が…
  • glasswhale

    2022年11月06日(日)

    オンラインえほん哲学カフェ『ガラスのなかのくじら』

    絵本をひらいて、感じたことを語り合い、浮かび上がってくるテーマについて考える、大人ための哲…
  • 読書会

    2022年10月23日(日)

    オンライン読書会「夏葉社を読む」

    「本がなにを伝えられるかというと、かなり大雑把だけれど、こころであり、気持ちだと思う。ひと…
  • charity

    2022年10月16日(日)

    チャリティ絵本便のご案内

    絵本を通じて、子どもたちを支援。「チャリティ絵本便」は、ひとり親家庭、困窮家庭など厳しい状…
  • comon-ws

    2022年09月19日(月)

    オンライン読書会『私がつかんだコモンと民主主義』

    「私たちが知っている政治は野心の強い男性とそれ以上に強い女性しかかかわれない。政治とは生活…
  • whale

    2022年09月11日(日)

    【満席/受付終了】オンラインえほん哲学カフェ『なみのむこうに』

    絵本を読んで、感想を語り合い、浮かび上がってくるテーマについて考える、大人ための哲学時間。…

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火・水・木曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

pagetop
×