スロウな本屋

オンラインショップ

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • はじまりは たき火

    作/まつむらゆりこ
    絵/小林マキ

    1,540円(税込)

    人間は大昔から火を頼ってくらしてきました。火は暗い夜を明るく、寒い冬を暖かくしてくれます。食べ物を煮炊きし、土の器や金属の道具などを作ることもできます。

  • おにぎりをつくる

    作/高山なおみ
    絵/長野陽一(写真)

    1,320円(税込)

    おにぎりだいすき!おいいしいね!ごはんをぎゅぎゅっとにぎったら、生きる力がわいてくる!ごはんを炊いて、塩おにぎりがひとつできたよ。ひとりで留守番をしているこどもたちにも、忙しい大人にも、おにぎりはいちばんの味方。5歳でもつくれる、ほっかほかの提案です。料理家・高山なおみから子どもたちへ贈る写真絵本。

  • せかいねこのひ

    作/井上奈奈

    1,760円(税込)

    ある朝目覚めたら、誰もがことばを忘れていました。あいさつをするときも、電話をするときも、口から出るのは「ニャー」という鳴き声だけ。困ったひとたちは、こんな日は猫をお手本に過ごそうと決め・・・!?

  • ちび竜

    作/工藤直子
    絵/あべ弘士

    1,870円(税込)

    小さな粒からうまれたちび竜は、ボウフラ、たんぽぽ、もぐら…、いろいろな生き物に出会い、風や水や土となかよくなっていく。神通力もつかえるようになり、やがて、でかくなったちび竜は、光る青い地球を抱いて…!?

  • こんにちは!あたらしいいのち

    作/アイナ・ベスタルド

    3,080円(税込)

    動物のあかちゃんは、どうやって生まれるの? 出会い、誕生、子育て、巣立ち…。トレーシングペーパーを透かしてみたり、重ねてみたりしながら、海や陸の生きものたちの誕生のふしぎを見てみよう! 繊細で美しいイラストレーションで、いのちの神秘をそっとのぞいてみよう。小さな人から大人まで幅広い世代を魅了する美しい絵本。

  • ものは言いよう

    作/ヨシタケシンスケ

    1,320円(税込)

    絵本作家、ヨシタケシンスケ。自身を徹底分析したイラスト解説と、その絵本創作の秘密がすべて詰まったインタビュー集

  • わたしのわごむはわたさない

    作/ヨシタケシンスケ

    1,100円(税込)

    ゴミ箱の横にわごむが落ちていた。お母さんに「ちょうだい」って聞いたら「いいよ」だって。やった! このわごむは、わたしのだ!!

  • なんだろう なんだろう

    作/ヨシタケシンスケ

    1,650円(税込)

    「いってきまーす」いつものように学校に向かうぼく。途中で会った友だちのお母さんから「学校どう? たのしい?」って聞かれた。 「そう言われてみると、学校ってなんだろうね。 あれ、たのしいってどんな気もちなんだろう…」

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • 旅の断片

    著者/若菜晃子

    1,760円(税込)

    登山の専門出版社の編集者を経て、文筆家として活躍する若菜晃子さん。『街と山のあいだ』に続く、待望の随筆集第2弾。さまざまな国の風景やひととの交流、旅を通じて広がってゆく思考を、静謐な文章でまっすぐに綴ります。個人的な旅の記憶が濃やかに表現され、読者も体感できる情緒豊かな一冊。

  • 窓辺のこと

    著者/石田千

    1,980円(税込)

    50歳になった作家の2018年、暮らしに根づいていることばを丁寧にすくい、文章に放つ。いいことも悲しいことも書く。人気作家・石田千の新境地をひらく傑作エッセイ集。

  • 新編 志樹逸馬詩集

    著者/志樹逸馬(著)、若松英輔(編)

    2,530円(税込)

    曲った手で 水をすくう こぼれても こぼれても みたされる水の はげしさに いつも なみなみと 生命の水は手の中にある 指は曲っていても 天をさすには少しの不自由も感じない (「曲った手で」)

  • これからの大学

    著者/松村圭一郎

    2,090円(税込)

    気鋭の文化人類学者による「学問」のすすめ。高等教育ができることは? 誰もが自分の学びを追求するには? 大学の教育環境が大きく変貌しつつある今だからこそ、知の喜びとは何か根本から考えてみたい。学生のみならず、新しい視点で世界を見つめようとするすべての読者へ。「ほぼ日の学校」の学校長・河野通和氏との対談収録。

  • 岐路の前にいる君たちに  鷲田清一式辞集

    著者/鷲田清一

    1,760円(税込)

    「未来はけっして明るくない。そんな気分が充満するなかで、どうかこのことだけは心に留めておいてほしいという願いを込めています。」 あとがきより 哲学者・鷲田清一が、大阪大学、京都市立芸術大学の入学・卒業式で、新しい世界に旅立つ若者へ贈った、8年分の人生哲学。

  • 上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!

    著者/上野千鶴子、田房永子

    1,650円(税込)

    日本の何が問題なのか? 母娘問題、結婚・育児、セックス、団塊世代の父、学生運動、性暴力などについて徹底的に語り合った7時間!

  • ありのままがあるところ

    著者/福森伸

    1,760円(税込)

    鹿児島県にある「しょうぶ学園」は1973年に誕生した、知的障がいや精神障がいのある方が集まり、暮らしている複合型の福祉施設。どのような歩みを経て、クラフトやアート作品、音楽活動が国内外で高く評価される現在の姿に至ったのか。

  • 天、共に在り

    著者/中村哲

    1,760円(税込)

    困っている人がいたら手を差し伸べる --- それは普通のことです。 1984年よりパキスタン、アフガニスタンで支援活動を続ける医師・中村哲。治療のために現地へ赴いた日本人の医者が、なぜ1600本もの井戸を掘り、25.5キロにもおよぶ用水路を拓くに至ったのか?「天」(自然)と「縁」(人間)をキーワードに、その数奇な半生をつづった著者初の自伝。

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • IMG_8404

    2020年03月15日(日)

    若菜晃子『旅の断片』刊行記念トークイベント

    登山の専門出版社勤務を経て、編集者、文筆家として活躍する若菜晃子さん。山と自然をテーマにし…
  • IMG_8568

    2020年03月07日(土)

    「コトノネ33号」刊行記念 コトノネ編集長×松村圭一郎 トークイベント

    「日本列島は災害列島。被災地に寄付をする。へえ、1000円でいいの、おカネですますの、そも…
  • biouba

    2020年02月29日(土)

    暮らしと詩のことば 山尾三省『新版 びろう葉帽子の下で』を読む

    詩のことばを、もっと身近に。自分との関わりを見つけるコツさえつかめば、その本は今日という一…
  • IMG_3622

    2020年02月27日(木)

    読書会『完訳・エリア随筆 Ⅰ』

    「私は馬鹿が好きだ」エッセイ文学の最高傑作と言われるチャールズ・ラム著『完訳・エリア随筆 …
  • IMG_2148

    2020年02月24日(月)

    焚き火と、本と。

    火を焚きましょう。火を囲み、詩を読みましょう。「焚き火と、本と。」は、スロウな本屋から飛び…
  • IMG_8561

    2020年02月16日(日)

    大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間、大人(  )絵本の会。大人( の )…

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火曜日・第二月曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

tumblr

pagetop
×