スロウな本屋

オンラインショップ

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • 馬と生きる (たくさんのふしぎ 2019年11月号)

    作/澄川嘉彦
    絵/五十嵐大介

    770円(税込)

    岩手県遠野市に、馬と人が一緒に働く、昔ながらのくらしを続けているおじいさんがいます。機械を使わず、馬を使って木を運ぶ古くからのやりかたで山での仕事をしてきました。しかし、こうして馬と働く人は、遠野ではおじいさん一人だけになっていました。どのようにしておじいさんは馬とのくらしを続けてきたのでしょうか?

  • キャパとゲルダ ふたりの戦場カメラマン

    著者/マーク・アロンソン&マリナ・ブドーズ

    1,980円(税込)

    「写真」は生きるための切符だった。 激動の1930年代、スペイン内戦を世界に伝えた二人のカメラマン、ロバート・キャパとゲルダ・タロー。キャパはゲルダに写真を教え、ゲルダはキャパを、戦場カメラマンとしてプロデュースした。夢と理想に燃え、カメラを武器に闘った若き二人の素顔とは・・・?カメラを武器に革命に身を投じた、若き二人の青春物語。

  • おじいちゃんの小さかったとき

    作/塩野米松
    絵/松岡達英

    1,760円(税込)

    ビー玉、めんこ、チャンバラ、イナゴとり…。いずれも昭和の懐かしい暮らしの一つ一つです。本書は、1950年代から1960年代ごろの子どもたちの暮らしを描いた『父さんの小さかったとき』(1988年刊行)をあらためて作り直した改定版です。

  • おばあちゃんの小さかったとき

    作/おちとよこ
    絵/ながたはるみ

    1,760円(税込)

    石けり、おままごと、紙芝居屋さん、お手玉、お風呂屋さん…。いずれも昭和の懐かしい暮らしの一つ一つです。本書は、1950年代から1960年代ごろの子どもたちの暮らしを描いた『母さんの小さかったとき』(1988年刊行)をあらためて作り直した改定版。大人にとってはちょっと懐かしい、今の子どもたちには新鮮な昭和の暮らし、小さなひとたちの遊びの風景が満載です。

  • たいこ

    作/樋勝朋巳

    990円(税込)

    トントントトトン トントントトトン、誰かがたいこをたたいています。「なかまにいれて」 仲間がひとり増えました。トントンポコポコ トントンポコポコ、ふたりでたいこをたたいていると、「なかまにいれて」 またひとりやってきました。トントンポコポコペタペタ トントンポコポコペタペタ・・・・・・さあ、次は!?

  • おおにしせんせい

    作/長谷川義史

    1,650円(税込)

    一時間目のはじめ、おおにしせんせいが「きょうはいちにち図画工作」と言い出した。筆や、筆あらい、パレットの使い方も、いままでとぜんぜんちがう。そして、さっさと絵をかいて友だちと遊ぼうと思っていたぼくは、先生からの一言でこころが動き出し…!?

  • チェクポ

    作/イ・チュニ 文
    絵/キム・ドンソン

    1,650円(税込)

    チェクポとは、風呂敷状の布のこと。オギは、通学鞄がわりにチェクポを腰からぶら下げて使っています。友だちのダヒの新しい鞄が羨ましてくならないオギ。古びたチェクポをからかわれ、オギはダヒと大げんか。チェクポがみじめに見え、腹が立ってきたオギは、えんぴつでチェクポをひっかきはじめます。縫い目に鉛筆がひっかかった時、オギは、おばあちゃんが端切れを縫い合わせてチェクポをつくってくれた時を思い出し…!?

  • ともだち しょうかい しようかい

    作/tupera tupera

    1,650円(税込)

    この本に登場するのは、みんなあなたのともだちだよ。四角の枠の中を、自由に考えて、ともだちを紹介してみてね。絵本そのものを座らせることができる!? tupera tupera による、世にも珍しいしかけ絵本。

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • ダイエット幻想 やせること、愛されること

    著者/磯野真穂

    924円(税込)

    「やせたい」、そう願うひとはたくさんいる。でも、どうしてやせたいんだろう? 健康のため? おしゃれがしたい? モテたい、選ばれたい、認められたい…?。ダイエットの動機は様々だけど、それに人生、振り回されていないだろうか。その強い思いで生きづらくなっていないだろうか。食べること、他者と生きることを見つめ直す本。

  • 鴻上尚史のほがらか人生相談

    著者/鴻上尚史

    1,430円(税込)

    「AERA dot.」で大反響の連載、待望の書籍化。子育て、夫婦の不満、容姿、孤独……相談者に寄り添った鴻上尚史さんの丁寧な回答に、「電車で思わず泣いてしまった」「素晴らしすぎる、神回答!」「何度も読み返した」などとTwitterでも話題沸騰! 書籍化にあたり、新たに書き下ろした人生相談3本も収録。

  • からだとこころの健康学

    著者/稲葉俊郎

    737円(税込)

    “健康”を再定義せよ! 私たちが思い描く“健康”は、間違っている? 古今東西の医療に精通する東大病院の医師が、「あたま」「からだ」「こころ」の3つのつながりから、健康に生きる心構えを伝授。普段は意識しない“自分の仕組み”を改めて知れば、健康の概念が一変する。医学知識ゼロで読める、目からウロコのレッスン。

  • グレタ たったひとりのストライキ

    著者/マレーナ&ベアタ・エルンマン、グレタ&スヴァンテ・トゥーンベリ

    1,760円(税込)

    グレタ・トゥーンベリ、16歳アスペルガー。2018年8月20日、ひとりでストライキを決行。国会議事堂前に3週間通い、座りこむ。その様子はSNSで世界に拡散され、マスコミが殺到。以後も毎週金曜日に「未来のための金曜日 #FridayForFuture 」と名づけて議事堂前に立ち、世界中の子どもたちが後に続きはじめている。

  • 朝食の本

    著者/細川亜衣

    2,200円(税込)

    料理家・細川亜衣さんの朝食のレシピブック。アジア、中近東、ヨーロッパ、北米など旅先で強く刻まれてきた風景。家の朝食も、旅先と同じように愛してみよう。庭の実りを皿に盛ったり、大皿を囲んだり。朝食の概念を広げる、あたらしい一冊です。

  • 銀の匙

    著者/中勘助
    絵/安野光雅

    2,420円(税込)

    古い茶箪笥の抽匣から銀の匙を見つけたことからはじまる、伯母の愛情に包まれて過ごした幼少期の日々を綴った自伝的作品。安野光雅の絵は、情感豊かに子どもの内面世界を描き出し、誰しもの心にある郷愁、幼き日のさまざまな感情を思い起こさせる。夏目漱石が絶賛した日本文学の不朽の名作が、心に残る情景とともによみがえる。

  • 永井宏 散文集 サンライト

    著者/永井宏

    2,200円(税込)

    ものをつくること。表現すること。なにかをはじめるときに読むことば。 永井宏さん(1951-2011)。雑誌「BRUTUS」の編集者でありながら、美術作家であり、会社勤めを早くして辞めたあとは、海辺の町に小さなギャラリーをはじめて、たくさんの若い人たちに表現とものづくりを勧めたひと。「生活」や「暮らし」ということばが今ほど手垢がついていなかった頃

  • 希林さんといっしょに。

    著者/是枝裕和/樹木希林/内田也哉子

    2,035円(税込)

    樹木希林は面白い。上手いでも楽しいでも、ためになるでもなく、やはり面白いのだと思う。是枝裕和 映画監督・是枝裕和による女優・樹木希林インタビュー集。

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • IMG_2967

    2019年11月22日(金)

    寺子屋スータ [第2期]

    この日本列島に暮らす人たちは、いったい何者なのか? 第2期寺子屋スータでは、名もなき小さ…
  • IMG_4876

    2019年11月10日(日)

    読書会『イジェアウェレへ』

    どうしたら「女だから」という理由でふりかかる、理不尽でマイナスな体験をさせずに子育てできる…
  • IMG_6577

    2019年10月27日(日)

    大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間、大人(  )絵本の会。大人( の )…
  • IMG_5652

    2019年10月26日(土)

    えほん哲学カフェ

    絵本を読んで、感想を語り合い、浮かび上がってくるテーマについて考える、大人ための哲学時間。…
  • おきさん660②

    2019年10月20日(日)

    世の中をうつくしくする仕事

    木工 山本美文さんのお話会「世の中をうつくしくする仕事」は、クラフトのある暮らし、その先に…
  • IMG_6277

    2019年10月19日(土)

    人生を委託しない! 『わがや電力』著者 テンダーさん トークイベント

    環境活動家・テンダーさん。六ケ所村にはじまり、現在は鹿児島で電気、水道、ガスのライフライン…

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火曜日・第二月曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

tumblr

pagetop
×