スロウな本屋

オンラインショップ

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • いちご

    作/荒井真紀

    1,650円(税込)

    甘くてかわいい、いちご。食べると、口の中でプチプチプチと音がします。何の音でしょう? いちごの苗を、植えてみましょう。葉っぱはどんな風に生えていますか?

  • 谷川俊太郎詩集 たったいま

    著者/谷川 俊太郎, 広瀬 弦
    絵/谷川 俊太郎, 広瀬 弦

    792円(税込)

    青い鳥文庫はじめての詩集。子どもたちにもおなじみの詩人・谷川俊太郎さん。その膨大な作品のなかから、37編を選び、新作も収録。こころが大きく成長する子どもたちに、つらい気持ちに寄り添ったり、大人の本音を明かしたり、社会への疑問を問いかけたり、世界平和を考えたりする詩を届けます。流れていく時間を止めようとせず、大人の世界の扉を開けることをためらわないで、というメッセージが込められています。

  • 世界のはじまり

    作/バッジュ・シャーム(作・絵)、ギーター・ヴォルフ(文)

    3,960円(税込)

    水がほとばしり出て、大気が渦巻き、大地が生まれ、時が刻まれる。季節がめぐり、命が生まれ、芸術が誕生する。そして死が…。しかし、終わりの後には新たなはじまりがやって来る。 インド、タラ・ブックスで出版された『Creation』 (2014) の日本語版。2020年3月3刷。

  • アラスカで一番高い山(たくさんのふしぎ 2020年4月号)

    作/石川直樹(文・写真)

    770円(税込)

    「デナリ」は、標高6000mを超す北米大陸の最高峰です。作者はあるとき、たったひとりでこの山へ向かいました。テントや食料など、生きるために必要なものはすべて自分ではこびます。途中、足もとに危険な氷の裂け目があったり、はげしい雪や風に見舞われることもありました。ようやく辿り着いた山頂では、広大な大地を見わたせる壮観な景色がまっていました。

  • 線と管のない家(たくさんのふしぎ 2020年3月号)

    著者/森枝卓士(文・写真)
    絵/吉田全作(写真)、中村好文(絵)

    770円(税込)

    電「線」も、水道「管」、ガス「管」もつながっていない家を作ってみよう!屋根に降った雨水をため、太陽光で発電し、太陽熱でお湯を作る。冬の暖房は薪ストーブで暖かく。使った水もそのまま流してしまうのではなく、ミミズや植物の力を借りてきれいにしてから池にためる。そんな家が本当にできあがりました

  • コトノハ町はきょうもヘンテコ

    著者/昼田弥子
    絵/早川世詩男

    1,100円(税込)

    レンちゃんは、小学生の女の子。ことばどおりのことが起きちゃう、ヘンテコな町「コトノハ町」に住んでいます。ある日、遠足で山登りに出かけると、「ブハハハ!」とレンちゃんのひざが笑いだすではありませんか! はずかしくて、足元を穴のあくほど見つめると、地面にぽっかり穴があいて・・・!?

  • くろは おうさま

    著者/メネナ・コティン
    絵/ロサナ・ファリア

    3,850円(税込)

    真っ黒な紙に、銀色の文字と光沢のある透明なインクのレリーフによるイラストと、ふくらみのある文字によって書かれた文章が印刷されています。そこに広がっているのは、目の見えないトマスが感じている“色”の世界。視覚障碍者と言われる人々にとって、色とはどんなものなのか、どんな感覚として伝わっているか、どんな風に認識されているか。

  • やっぱり・しごとば

    作/鈴木のりたけ

    1,870円(税込)

    はたらくってこんなにたのしい!見ればみるほどおもしろい、迫力の構図に目がくぎづけ。厩務員、プロサッカー選手、恐竜学者、プログラマー、探検家、オーケストラ団員、料理研究家、吹きガラス職人、医師、の9職業を収録。鈴木のりたけさん『しごとば』シリーズ、6年ぶりの最新刊。

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • Sa-Rah

    著者/帽子千秋

    1,320円(税込)

    愛媛県大洲市五郎。小さな田舎まちにある、天然素材の洋服のファクトリー「Sa-Rah」。娘のための服づくりからはじまり、全国にファンをもつブランドに育てた、オーナー帽子千秋の20年の物語。

  • 身体的生活 医師が教える身体感覚の高め方

    著者/佐藤友亮

    1,760円(税込)

    直観は鍛えられるか? 心と身体の感覚を磨くエッセイ。結婚、進学、就職、起業…。未来を完全には予測できないことがらや、あらかじめ正解がない問題と向き合うとき、どうしたら合理的な判断ができるのか。そのよりどころとなるのが身体感覚。心理学者・チクセントミハイの「フロー理論」の解説を通じて、身体の感覚を磨き、より豊かな人生を送るための知恵を伝える思索的エッセイ。医師であり、合気道家である著者の経験知とエス

  • はみだしの人類学

    著者/松村圭一郎

    737円(税込)

    「わたし」と「あなた」はつながって、はみ出す。そもそも人類学とは、どんな学問なのか。「わたし」を起点に考える「つながり方」とは何か? 「直線の生き方と曲線の生き方」「共感と共鳴のつながり」…。「違い」を乗りこえて生きやすくなるために。「人類学のきほん」をもとに編み出した、これからの時代にこそ必要な「知の技法」のすすめ。

  • d design travel 愛媛

    2,090円(税込)

    穏やかな“凪”のように、揺るぎないもの。愛媛は、観光にすることなく、真摯に“ものづくり”を続けてきたことで、自分らしさを守ってきた。海も山も街も、穏やかな凪のような時間が、蓄積して生まれた平和な世界。外からの者も、心が浄化され、透き通った“愛媛色”に染まっていく。ゆっくりと流れるこの何でもない時間が、何よりも豊かなのだ。

  • 広告 vol.414 特集:著作(オリジナル版+コピー版2冊セット)

    2,200円(税込)

    「いいものをつくる、とは何か?」を全体テーマに据え、この問いを思索する「視点のカタログ」としてリニューアル創刊した雑誌『広告』。vol.414号の特集は「著作」。オリジナリティや作家性、著作物の保護や利用のあり方など、「著作」についての様々な視点を投げかけます。 本テーマ「著作」について考えるために、「オリジナル版」と、それをモノクロコピーした「コピー版」の2種類を発刊。

  • mal" 01

    1,540円(税込)

    地域文芸誌【mal”(マル)】は、東京の南、大田区にある隣町珈琲が発刊する地域文芸誌。地域に根づき、受け継がれ、愛される文化を発信する。 創刊号は、大田区で70歳まで旋盤工を続けながら、優れた小説やルポを書きつづけてきた作家、小関智弘さんのインタビューを掲載。その他エッセイ、小説など充実の執筆陣が寄稿。

  • のどがかわいた

    著者/大阿久佳乃

    1,430円(税込)

    『詩ぃちゃん』とは、三重在住の高校生だった大阿久佳乃(おおあく よしの)さんが、詩を読むことの面白さを伝えようと制作した約 16 ページのフリーペーパー。

  • みんなのコミュニズム

    著者/ビニ・アダムザック
    絵/榎本俊二

    1,760円(税込)

    いまの世界、マジ限界。次の「私たちの、私たちによる、私たちのための」世界をつくるためのささやかな物語。蔓延する資本主義リアリズムを打破して次の道を思い描くために必要なセオリーは「コミュニズム」!でもさ、それってだいじょうぶなの?サヨクってヤバくね…?ってほんとかな。

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • IMG_3622

    2020年04月24日(金)

    読書会『完訳・エリア随筆 Ⅰ』

    「私は馬鹿が好きだ」エッセイ文学の最高傑作と言われるチャールズ・ラム著『完訳・エリア随筆 …
  • dai

    2020年04月19日(日)

    えほん哲学カフェ

    【満席。キャンセル待ちにて承ります】 絵本を読んで、感想を語り合い、浮かび上がってく…
  • nouhuku event

    2020年04月18日(土)

    【延期】農福連携が農業と地域をおもしろくする

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、トークイベント「農福連携が農業と地域をおもしろくする」…
  • kotonone event

    2020年04月18日(土)

    【延期】「コトノネ33号」刊行記念 コトノネ編集長×松村圭一郎 トークイベント

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、トークイベント「コトノネ33号刊行記念 コトノネ編集長…
  • IMG_9644

    2020年04月12日(日)

    大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間、大人(  )絵本の会。大人( の )…
  • IMG_4876

    2020年04月11日(土)

    読書会『イジェアウェレへ』

    どうしたら「女だから」という理由でふりかかる、理不尽でマイナスな体験をさせずに子育てできる…

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火曜日・第二月曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

tumblr

pagetop
×