スロウな本屋

オンラインショップ

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • 絵本の冒険

    著者/小野明(編著)

    1,836円(税込)

    「絵本とじっくりつきあうこと。絵をゆっくりよむこと。それによってこころが、からだが揺さぶられるのです」 子どもは、絵本のことばと絵を同時に受けとめる。その原初的で直接的な感覚を、〈基本の子ども〉と呼ぶことにする。〈基本の子ども〉は、大人になってもずっと残っている。〈大人の私の素〉みたいなものとして、しっかり根を張っている。

  • 絵で読む 子どもと祭り

    作/西村繁男

    720円(税込)

    日本各地に存在する数多の祭り。季節も、地域も様々な中から、子どもが活躍する祭りを全国にたずね、丹念に描いた絵本。

  • 北欧に学ぶ小さなフェミニストの本

    作/サッサ・ブーレグレーン

    1,620円(税込)

    「世の中で大事なことを決めるのは、どうしておじさんばかりなの?」 ある日、新聞の写真を見た10歳のエッバ、なんだかおかしい、と気付きます。

  • 世界を変えた100人の女の子の物語

    著者/エレナ・ファヴィッリ / フランチェスカ・カヴァッロ

    2,592円(税込)

    大きな夢をもち 高いところをめざして がんばろう もし心ぼそくなったら、思いだして だいじょうぶ、あなたはまちがっていない

  • どうしてそんなにないてるの?

    作/いしずまさし

    1,296円(税込)

    泣き叫ぶあかちゃん。どうしてそんなに泣いてるの? その理由、考えたことはあるだろうか? おひるに おひさまを つかまえたかったから? もっと ちょうちょさんと いっしょに おどっていたかったから? あかの いろが どんな あじなのか しりたかったの?

  • ちょうちょのために ドアをあけよう

    作/ルース・クラウス
    絵/モーリス・センダック

    1,080円(税込)

    子どもから、子どもへ、「こんなときはこうするといいよ」 「こんなときはこう言うといいよ」 アドバイスをしてくれる、愉快な暮らしの便利帳!? おおごえで うたう うたを ひとつくらい おぼえておくと いいよ ぎゃーって さけびたくなる ひの ために

  • はかれないものをはかる + はかれないものをはかるひと(2冊セット)

    作/工藤あゆみ/ハタノエリ 工藤あゆみ

    2,700円(税込)

    工藤あゆみ『はかれないものをはかる』(青幻舎 刊) と、その魅力に迫るzine 『はかれないものをはかるひと』(襟巻編集室 刊) の2冊セット。

  • はかれないものをはかる

    作/工藤あゆみ

    1,728円(税込)

    数字でははかれないけれど、確かに存在するもの。感情の温度、大切なひととの距離、願いや希望の重み。はかろうとすることは、そこにある本質に少しだけ近づこうとすること。49の「はかれないもの」を、詩とユーモラスな絵で紡ぎ出す絵本。岡山県生まれ、イタリア在住のアーティスト、工藤あゆみさんの同名の自作アーティストブックが絵本になりました。日本語、イタリア語、英語の3か国語併記。

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • 雲と鉛筆

    著者/吉田篤弘

    734円(税込)

    ぼくは屋根裏部屋に住み、鉛筆工場で働いている。大きなことが書かれた小さな本を読み、遠い街に出かけて、友人とコーヒーを飲む。鉛筆を削って、雲を描き、姉に手紙を書いて、人生を考える。吉田篤弘さんの静謐で洒脱な世界が、キュッと詰まった小品。

  • はな子のいる風景 イメージを(ひっ)くりかえす

    著者/AHA! [Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカイブ]

    2,160円(税込)

    戦後の日本で、最も長く生きたゾウ、はな子。1949年、「平和の象徴」としてタイから贈られ、1954年からは井の頭自然文化園で暮らし、2016年5月、69歳(推定年齢)で生涯を閉じた。

  • ふわふわ

    著者/谷川俊太郎・工藤直子

    2,160円(税込)

    谷川俊太郎と工藤直子。二人の詩人が、2001年から2017年にかけて行った5回の対談をまとめた対談集。ふわふわと自由に、わたしたちのこころの空を漂う二人のことば。二人はいつも何を考えているのだろう。どうすれば二人のような生き方ができるのだろう。人と生命と詩と死。優しく降り注ぐ恵みの雨のようなことばたち。

  • 時間を、整える

    1,296円(税込)

    1日24時間は変わらないのに、短く感じたり、長かったり、足りなかったり。もしかしたら「時間」は、無意識に過ごす自分を映す鏡のようなものかも? 効率と非効率、早いと遅い、過去と未来。今まで当たり前と思ってきた「時間」をはかるものさしを、別の目盛りのものに持ち換えてみたら、これまでとは違う「時間」が流れはじめる。さまざまなひとの、さまざまな「時間の整え方」。

  • 薬草のちから

    著者/新田理恵

    1,620円(税込)

    ドクダミ、ハブソウ、ヨモギ、葛・・・。四季折々変化する気候に合わせて、海辺から山里まで、その場所ごとに根付いた薬草。古来、医食同源として最も身近で暮らしと健康を支えた植物の「ちから」を、レシピと合わせて紹介する。著者・新田理恵さんは、昔ながらの在来種のみを使った日本の伝統茶を伝える食卓研究家。

  • すぐそばの工芸

    著者/三谷龍二

    1,944円(税込)

    鑑賞する「作品」ではなく、食器棚にある茶碗や皿のように普段の暮らしの中で使えるもの、それが「すぐそばの工芸」。木工作家・三谷龍二さんが、「生活工芸」の持つ性質や特徴を、9つのキーワードで論考。対談を交えながら、生活工芸の輪郭を浮き彫りにする。

  • 原発とジャングル

    著者/渡辺京二

    1,944円(税込)

    原発に象徴されるのは現代の科学物質文明で、ジャングルに象徴されるのは物質文明に侵されていない民の生活。ジャングルの民は豊かではないが、共同体の信頼のもと朗らかに暮らしている。文明か未開か、進歩か後退か、という二元論ではなくて、便利さや科学の進歩を肯定しながら、真の仲間を作ることが可能か。

  • 魂の秘境から

    著者/石牟礼道子
    絵/芥川仁(写真)

    1,836円(税込)

    代表作『苦海浄土』で水俣病を告発し、世界文学に昇華した石牟礼道子さんが、闘病中に語った、水俣・不知火海の風景の記憶と幻視の光景。朝日新聞に3年にわたり連載されたエッセイを収録した、最晩年の肉声。

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • IMG_5849

    2018年08月24日(金)

    読書会『ウォールデン 森の生活』

    ゆっくりじっくり本を読む。ヘンリー・D・ソロー著『ウォールデン 森の生活』を、1年かけて少…
  • ホホホ座珈琲大野

    2018年07月21日(土)

    ホホホ座珈琲大野 予約販売会

    4月にスロウな本屋で1日喫茶を開いてくださった、ホホホ座珈琲大野さん応援企画! おいしいコ…
  • IMG_8862

    2018年07月15日(日)

    大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間、大人(  )絵本の会。大人( の )…
  • IMG_8791

    2018年06月30日(土)

    読書会「ふくてんちょーとドリトル先生の話をしよう!」

    6月のふくてんちょー・サエさんが選んだ岩波少年文庫『ドリトル先生アフリカゆき』。店頭でたく…
  • IMG_8389

    2018年06月25日(月)

    朗読教室

    <受付終了> 「朗読」と「音読」。それは似て非なるもの。単に声に出して読…
  • IMG_8020

    2018年06月16日(土)

    『子どもの哲学2 この世界のしくみ』刊行記念トークイベント

    毎日小学生新聞の連載「てつがくカフェ」が一冊の本になりました。『子どもの哲学2 この世界の…

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火曜日・第二月曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

tumblr

pagetop
×