スロウな本屋

オンラインショップ

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • こどもたちは まっている

    作/荒井良二

    1,760円(税込)

    今日も水平線から日が昇る。いつもの風景、季節の移ろい、突然の雨、特別な一日。繰り返す日々のなかで、みんな、いつもなにかを待っている。船が通るのを、貨物列車を、雨上がりを、夜明けを……。荒井良二の新しい代表作、誕生。

  • チャーリー、こっちだよ

    作/キャレン・レヴィス
    絵/チャールズ・サントソ

    1,870円(税込)

    ここは〈だれでもぼくじょう〉。こころやからだに傷を負った動物たちが、安心してくらせる家。他の動物たちと離れ、いつもひとりでいるヤギのジャック。片方の目がよくみえないウマのチャーリー。そんなふたりに、いつしか交流がうまれ・・・。

  • おばあちゃんと ことりと

    作/ベンジー・デイヴィス

    1,540円(税込)

    この夏、ひとりでおばあちゃんのうちに泊まることになったノイ。少し変わったおばあちゃんと、孫のノイの間には、はじめ距離があった。ある日、ノイがひとりで散歩していると、嵐がやってきた。洞窟で小鳥を保護したノイ。雨風はどんどん強くなる一方で、このままでは小鳥が死んでしまう。その時、波を切ってやってくるいっそうのボートが見えて…!?

  • パパパネル

    作/tupera tupera

    2,076円(税込)

    tupera tuperaによる、魔法のコミュニケーションツール!? パッとしないひとも、パーフェクトなひとも、どんなひともパパッと人気者になれる、顔はめパネルセット。遊び方はとっても簡単!パネルに顔をはめて、ひっくりかえすだけ。パパがパイナップルに!? パパがパンツに!? パパがパンダに!? みんなで笑って声を出して遊ぼう。パネル10枚+説明書1枚入り。

  • シェルパのポルパ エベレストにのぼる

    作/石川直樹
    絵/梨木羊

    1,980円(税込)

    シェルパの男の子、ポルパは、生まれたときからヒマラヤの山々をながめて育ってきた。毎日の荷物運びの仕事で体をきたえ、テンジンおじさんに認められたポルパは、念願のエベレスト初登頂をめざす。「ここよりたかいばしょは どこにもないぞ!」ヒマラヤ登山の縁の下の力持ち、シェルパの人びとに注目した新しい冒険絵本。

  • 新装版 私の絵本ろん

    著者/赤羽末吉

    1,540円(税込)

    「わかってもわからなくても、シカとした本質的なものをみせることが大切だ」 『スーホの白い馬』 『かさじぞう』などで知られる赤羽末吉。日本ではじめて、国際アンデルセン賞を受賞した絵本作家は、いつも子どもを愉しませようと考え、子どもの絵本を読みとく力を信用していた。「良い作品はなぜ古くならないのか」という創作の根源的な疑問を、平易な言葉で解きあかす絵本論。

  • りすとかえるとかぜのうた

    作/うえだまこと

    1,760円(税込)

    まだ一度も旅に出たことがないけれど、いつも旅の話をしていたりすとかえる。ある日、りすは、手に入れたばかりの舟にのって、かえるに会いにいきました。ところが、かえるはりすに気がつかず、どこかへいってしまいました。さびしくて、舟の上でねむってしまったりす。そこへやってきた風たちの歌に、りすはつつみこまれ、そして…。

  • プラスチックモンスターをやっつけよう!

    著者/高田秀重 (監修)
    絵/クリハラタカシ

    1,760円(税込)

    プラスチックは便利だけれど、生きものにからみつき、小さくなってエサのふりをし、毒を出し、ほかの有害物質とくっつき、パワーアップも。そんな「プラスチックモンスター」の特徴をわかりやすく伝える児童書。

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • モロトフ・カクテルをガンディーと

    著者/マーク・ボイル

    1,650円(税込)

    2007年に英国ブリストルでフリーエコノミー(無銭経済)運動を立ちあげ、2008年の無買デーからお金を一切使わない生活実験を開始。実験最初の1年間の記録『ぼくはお金を使わずに生きることにした』で知られるマーク・ボイルが、非暴力神話を解体する。「もう、たくさんだ!」と声をあげるために・・・。

  • 「読む」って、どんなこと?

    著者/高橋源一郎

    737円(税込)

    誰もが学校で教わった「文章の読み方」。私たちはそれを疑いもせず身につけることで生きてきた。ところが、学校で教わった読み方だと「読めない」ものがある!? 小説、詩、エッセイ、ノンフィクション…。作家・高橋源一郎が好きな作品を一緒に読みながら、「読むきほん」を学びなおす、大人のための授業。

  • わかりやすい民藝

    著者/高木崇雄

    2,200円(税込)

    工芸店「工藝風向」店主・高木崇雄さんが語る、わかりやすい 〈民藝〉の本。 柳宗悦らにより、〈民藝〉という言葉が生まれたのが1926年。それから90年以上たち、暮らしを彩ってくれる〈民藝〉はよく知られるようになりました。〈民藝〉への親しみや興味は高まるものの、真正面から捉えようとすると難しさも感じる今だからこそ、あらためて「〈民藝〉ってなに」を、工芸店「工藝風向」の高木崇雄さんに教わります。

  • ふつう

    著者/深澤直人

    2,530円(税込)

    プロダクトデザイナー深澤直人さんが考え続ける「ふつう」の本質。「ふつう」をテーマにデザインをする深澤直人さんは、15年におよぶ連載「ふつう」の中で、皿、カトラリー、グラス、カッター、イス、クルマ、犬、音楽、歌番組、蕎麦、制服、みやげもの、高層ビル、川、人の表情・・・と、生活の中にあるさまざまなものや、自身が具体的に体験したことを起点に、「ふつう」を掘り下げてきました。

  • 生きる はたらく つくる

    著者/皆川明

    1,540円(税込)

    魚市場でアルバイトをしながら、たったひとりで始めたブランド「ミナ ペルホネン」。創業25周年を迎えて初めて明かす、これまでの人生と、はたらくことの哲学。

  • 花森安治選集1

    著者/花森安治

    3,960円(税込)

    『暮しの手帖』の初代編集長・花森安治が、ペンの力で庶民の暮しをより良くしようと提言してきた散文、随筆、評論、コラムから厳選収録した選集。1巻では、花森が敗戦後すぐに服飾評論家として世に出たころの「衣」を中心とした稀有な著述で構成。服飾デザインとは何か、身だしなみや着こなし、色彩感覚の大切さ、装いの基本を読者に伝えるとともに、ユーモラスな調子と時に毒をも持って説いた「ほんとうの美しさ」とは何か。

  • 二枚腰のすすめ

    著者/鷲田清一

    1,870円(税込)

    出口なし、行き場なし、底なし沼。どん底でも押し潰されずに、もちこたえるための算段。哲学者 鷲田清一さんが答える71の悩み。読売新聞の人気連載「人生案内」から名問答を厳選。回答を裏打ちする人生作法を「二枚腰のすすめ」として新たに書き下ろし。

  • グレタ・トゥーンベリ

    著者/ジェフ・ブラックウェル&ルース・ホブデイ(編)

    1,100円(税込)

    この強さは、どこからくるのか? 世界を驚かせた若き活動家の素顔に迫る特別インタビュー。

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • 暮らし

    2020年07月25日(土)

    オンラインWS 暮らしと詩のことば

    詩のことばを、もっと身近に。自分との関わりを見つけるコツさえつかめば、その本は今日という一…
  • のうむ

    2020年07月19日(日)

    オンライン読書会『濃霧の中の方向感覚』

    危機の時代、先の見えない時代に、本当に必要な知性とは何か? それは、視界の悪い濃霧の中でも…
  • otonaehon

    2020年07月18日(土)

    オンライン大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間、大人(  )絵本の会。大人( の )…
  • dai

    2020年07月12日(日)

    オンラインえほん哲学カフェ

    絵本を読んで、感想を語り合い、浮かび上がってくるテーマについて考える、大人ための哲学時間。…
  • IMG_1735

    2020年07月05日(日)

    オンラインWS そーしょく部

    スロウな本屋のレジカウンターに吊り下げているビニールシート。装飾の模様替えをお手伝いしてく…
  • IMG_3622

    2020年04月24日(金)

    【延期】読書会『完訳・エリア随筆 Ⅰ』

    「私は馬鹿が好きだ」エッセイ文学の最高傑作と言われるチャールズ・ラム著『完訳・エリア随筆 …

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火曜日・第二月曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

tumblr

pagetop
×