スロウな本屋

オンラインショップ

instagram

twitter

絵本

新入荷の絵本

あかちゃんから大人まで読んでほしい一冊。

  • しま

    作/マルク・ヤンセン

    1,540円(税込)

    大荒れの海。男性と女の子と犬を載せた船は、自然の猛威の前に大破。遭難してしまいます。命からがらたどり着いたのは「しま」。でもそこはカメの甲羅の上だったのです……。本書は、字のない絵本です。作者 ヤンセンさんの、深みがあってさわやかで、心地よい夢のなかにいるような絵は、読む人の数だけものがたりが生まれることでしょう。字のない絵本はたくさんありますが、『しま』は絵を「読む」絵本です。

  • リサイクル・プラネット

    作/アンナ・クレイボーン

    2,420円(税込)

    お菓子の包装紙、箱、野菜の皮、こわれた家具、私たちが捨ててしまうものはなんとたくさんあることでしょう。ごみは年々増え続けていくばかりです。「使っては捨てる」生活から、何度でも「再利用する」生活へシフトしていかなければならない、と訴えるのがこの絵本です。リサイクルのためにどんなことができるのか、いっしょに考え、行動に移していきましょう。

  • さかなくん

    作/しおたにまみこ

    1,430円(税込)

    さかなくんは、さかなですから水の中で暮らしています。小学校に行くときは、ゴムのズボンをはいて、水でいっぱいのヘルメットをかぶって、ひれにはクリームを塗って……と、ひと仕事。でもきゅっきゅと歩いて通う小学校をさかなくんは好きなのです。ただ、ひとつ、体育の時間だけはきらいでした。なぜなら、さかなくんは走るのが苦手だから……。

  • かえるのほんや

    作/やぎたみこ

    1,430円(税込)

    池のほとりの柳の木の中に、一軒のかえるの本屋があります。「ようこそ、みなさん。おあつまりですね」 かえるの店長のお話会がはじまります。今日は、おたまじゃくし達に人気の『たまごからかえる』や、しっぽがある子どもに人気の『こわいこわいへび』、本屋を最初に作った店長のお話『ほんやをつくったかえる』の3冊を読みます。お話会が終わると、それぞれ好きな本を読んで、気に入った本はへびのぬけがらと交換して購入する

  • はっこう(発酵)

    作/小川忠博(写真・文)、横山和成(監修)

    2,200円(税込)

    どうして小麦粉がふわふわのパンになるの? 蒸したダイズが納豆になるのはなぜ? なんでオナラは出るのかな…? それ、みんな発酵のおかげなのです。納豆やチーズなどの発酵食品から、ワインや日本酒などの醸造酒、そしてヒトの健康や汚水処理にも。人知れず活躍するのは、さまざまな種類の微生物。「発酵」になくてはならない働き者「微生物」、その秘密を美しい写真とともに紹介します。科学の目を育てる科学絵本。

  • 琉球という国があった

    作/上里隆史
    絵/富山義則(写真)、一ノ関圭(絵)

    1,430円(税込)

    現在では、47都道府県のなかのひとつである沖縄県ですが、昔は「琉球王国」という、王さまが国を治める独立国で、日本とは別の国でした。東南アジアの国々や中国を相手に貿易で大変栄えていました。琉球王国が繁栄した陰には、明が琉球王国を破格に優遇したという事があります。では、なぜ小さな島国に過ぎない琉球王国を、大国明はそんなに優遇したのでしょうか。昔々の沖縄の歴史をたどり、その秘密にせまります。

  • 作/田島征三

    1,430円(税込)

    たがやす、たねまく、たくましくそだつ。たすけあう、たたえあう、そしてたのしむ! 古来より稲作を中心とした農耕によって命をつないできた日本人。連綿と続く営みとその精神を、命の芸術家・田島征三が力強く描く。「た」からはじまる命のいとなみ。その豊かさを身体全体で感じとってください。

  • へんしん

    作/桃山鈴子、井上大成(監修・解説)

    1,540円(税込)

    卵から生まれたイモムシは皮をぬぎながら成長します。大きくなると、気に入った場所で糸をはき、からだをくくりつけて動かなくなります。さなぎになるのです。そして時間が経つと、さなぎの色がだんだん変化して……。昆虫画家の著者が、身近なチョウの成長過程を丁寧に描きだします。

もっと見る >

書籍

新入荷の書籍

読む、感じる、動く。暮らしのぐるりの本。

  • 気候民主主義

    著者/三上直之

    2,310円(税込)

    気候危機から脱するにはどうしたらよいのか。既存の政治システムが有効な策を講じられていないのに対し、無作為抽出型の気候市民会議や、若者による気候ストライキなどの新しい試みが、欧州から広がりつつある。市民の直接参加による話し合いや意思表示は、日本にも。これらの事例から持続可能な世界への手がかりを探せ!

  • 本が語ること、語らせること

    著者/青木海青子

    1,870円(税込)

    本を真ん中にすると、自然と心が開放されていく。本に助けられてきた司書が語る、本と図書館と人生のはなし。奈良県東吉野村に借りた古民家の自宅を「人文系私設図書館ルチャ・リブロ」として開いて6年。夫・青木真兵とともに、山村にひっそりたたずむこの図書館を運営してきた司書・青木海青子による、初めてのエッセイ集です。

  • 万感のおもい

    著者/万城目学

    1,760円(税込)

    考えるヒント。創作のヒント。笑いのヒント。季節のヒント。奇想天外な小説の書き手として知られる万城目学さんには、もうひとつの顔があります。それは、エッセイの名手という顔。 鋭い視点をもちながら、ユーモアを忘れない、小気味よいエッセイは、小説作品同様、多くのファンから支持されています。

  • 本日の絵 皆川明挿画集

    著者/皆川明

    3,960円(税込)

    「ミナ ペルホネン」創業デザイナー、皆川明はじめての画集。テキスタイルのために描かれたものではなく、新聞の依頼で描いてきた630点におよぶ挿画を、2巻組、函入の美しい本になりました。

  • おいしい景色

    著者/坂田阿希子、皆川明

    2,200円(税込)

    料理と器のエッセイ&写真集。料理とは口で味わい、目で景色を見立て、心で旅に出るようなもの。たった小さな一皿が一生の思い出となり、人生を支えてくれる。

  • くらしがしごと

    著者/早川ユミ

    1,760円(税込)

    「いま、わたしたちは、コロナで分断されているけれど、土着の山岳民族はひととひとを分断したりしない。あなたはわたしであり、どうじにくらしがしごとであり、しごとがくらしである。」(はじめに より) 高知の山間で暮らす、布作家の早川ユミさん。畑を耕し、果樹を栽培したり日本みつばちを育てたり、自然ととも暮らしています。パンデミックのなかで、2022年のコロナの時代を、どう生きていくべきか。

  • すべてきみに宛てた手紙

    著者/長田弘

    792円(税込)

    この世界を生きる唯一の「きみ」へ。人生は、「やめたこと」「やめざるをえなかったこと」「わすれてしまったこと」で出来ている。そうして結局、己のなかにのこったものは? 今の自分にのこったものから、あらゆることがはじまるのならば――。この本のページを開いた読者=「きみ」へと詩人はまっすぐ語りだす。贈られるのは39通の「手紙」たち。体温を帯びた言葉のすべてに胸が震える、珠玉のエッセイ集

  • 星三百六十五夜 春・夏

    著者/野尻抱影

    1,980円(税込)

    浮き立つような春の夜空に輝く幾千の星。夏の夜空に数多の伝説が浮かび上がる。古今東西の詩文をまじえて綴る星日誌。星を愛し続けた詩人からの贈りもの。3月~8月を収録。解説〈春と夏の星空案内〉渡部潤一・国立天文台副台長

もっと見る >

イベントワークショップ

スロウな本屋で開催しているイベントをご紹介しています

  • senso top

    2022年07月02日(土)

    オンラインえほん哲学カフェ『六にんの男たち なぜ戦争をするのか?』

    絵本を読んで、感想を語り合い、浮かび上がってくるテーマについて考える、大人ための哲学時間。…
  • kurasi

    2022年06月26日(日)

    オンライン読書会『くらしがしごと』

    「わたしたちはいま、自然に祈る対象ももたず、なにかを作るための手もつかわず、うたをうたうた…
  • so-shokubu

    2022年06月26日(日)

    オンラインWS そーしょく部

    < 準 備 中 >…
  • being

    2022年05月27日(金)

    【満席/受付終了】寺子屋スータ [第4期]

    【満席になりました】キャンセル待ちも含め、全ての受付を終了しました。多数のご応募、ありがと…
  • 8f2d76109e594edaea6211675f5c9c06

    2022年05月20日(金)

    【受付終了】タルマーリーパンセットご予約販売

    鳥取・智頭町で、地域の天然菌×天然水×自然栽培原料を使って独自のパンとビールづくりをなさっ…
  • otona

    2022年05月08日(日)

    大人(  )絵本の会

    お気に入りの一冊を持ち寄って、自分のことばで語る時間「大人(  )絵本の会」。3年目のパン…

もっと見る >

毎月えりすぐりの1冊がお家に届く楽しみ。

スロウな絵本の絵本便

あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が、毎月ポストに届く楽しみ。

絵本便のコースは次の3つからお選びいただけます

  • 小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

スロウな本屋

岡山県岡山市北区南方2−9−7
TEL:086−207−2182営業時間:11:00~19:00定休日:火・水・木曜日

お問い合わせはこちらから

一冊の本から、なにかがはじまる

pagetop
×