スロウな本屋

オンラインショップ

絵本便について

「どんな絵本を選んだらいいか、わからなくて」というご相談をよく受けます。
スロウな本屋の「絵本便」はそんな経験から生まれました。
あかちゃんから大人まで、伝えたい絵本があります。
移り変わる季節にあわせて届けたい絵本があります。
店主が一冊いっさつ丁寧に選んだ絵本が毎月届く楽しみ。それが、スロウな本屋の「絵本便」です。

絵本は、
どうやって選んでいるの?

ロングセラー絵本には、長年読み継がれてきた訳があります。一方で、新たに出版された絵本にも素晴らしいものが数多くありますが、「知らない」「読んだことがない」という理由だけで、手に取られず埋もれていくことも少なくありません。「絵本便」では、長らく書店の店頭で子どもたちに接しながら一緒に絵本を選んできた店主が、両タイプの絵本をバランスよくセレクトしてお届けいたします。

  • お申込み・お届け方法

    絵本便の「コース紹介」ページで、各コースのこれからお届け予定の絵本をご紹介しています。ご希望のコースをご確認いただき、お申込みください。
    毎月25日までのお申込み分を、翌月10日前後に郵送にてお届けします。ギフト包装も承ります(無料)。

  • 配本期間と料金

    以下のいずれかよりお選びいただけます。

    ●1年間お届け(お支払い方法:「一括払い」・「毎月送金」からお選びいただけます)
    各コースとも全12回
    1回あたり 1冊1,000〜2,000円 + 送料400円
    1年間一括支払いの場合は、19,000円(1年間分の送料込み)
    (最終月のお届けの際、差額の調整が発生する場合がございます。)

    ●3ヶ月お試し(お支払い方法:「毎月送金」のみ)
    各コースとも全3回
    1回あたり 1冊1,000〜2,000円 + 送料400円

  • お支払い方法

    配本期間の「1年間」を選択された方は「一括払い」「毎月送金」からお支払い方法をお選びいただけます。「3か月お試し」を選択された方は「毎月送金」のみで承ります。

絵本便のコース紹介

絵本便のコースは3種類からお選びいただけます。

  • 絵本にはじめて出会う小さな方に

    小さな手コース

    対象/0歳~5歳(全6コース)

    年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。

  • 感性豊かな時期に、自分で考える力を

    考える絵本コース

    対象/5歳以上~大人まで

    いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱ったコースです。

  • いそがしい大人に、心がまるくなる絵本

    おとなえほん 大人( )絵本コース

    対象/小学校高学年~大人まで

    絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、大人の心を静かに揺り動かしてくれます。

絵本にはじめて出逢う小さな方に
対象/0歳~5歳

「小さな手」コース (全6コース)

年齢に応じた絵本を毎月お届けします。幼い人の成長段階に寄り添い、季節の移ろいにも配慮して一冊ずつ選びました。読んでもらう子どもも、読む側の大人も共に楽しめる絵本です。絵本選びに迷うお母さん、お父さんにとって絵本タイムの一助となりますように。離れて暮らすお孫さんへの贈りものにも喜ばれます。全6コース。

9月にお届けする絵本お申込み締切 8月25日
  • 0歳「小さな手」コース

    おつきさまこんばんは + くらいくらい(2冊組)

    作/①林明子 ②はせがわせつこ  絵/②やぎゅうげんいちろう  出版社/福音館書店  サイズ/①20ページ ②24ページ /18*19cm 

    絵本¥1,728(本体¥1,600)+送料400円

    よるになったよ
    眠りにつく前の絵本タイムにぴったり。あまたある夜の絵本の中から、あかちゃんのための2冊セット。

    ①『おつきさま こんばんは』
    夜空にぽっかり浮かぶおつきさま。あかちゃんは、いったいどんな風に、おつきさまを見ているんでしょう。

    『はじめてのおつかい』 でおなじみ、林明子さんが描くやさしいおつきさまの表情は、あかちゃんのこころをとらえて離しません。絵本の中のおつきさまの表情に併せて、雲が横切ればいっしょに悲しい顔になり、またにっこり笑ったり。

    ②『くらいくらい』
    「まっくら くら くら くらーい くらい」 暗い部屋の中。黒い影。いったい誰? ページをめくると、電灯のスイッチが入り、ことりのピーちゃん、いぬのさぶちゃん・・・ と、影の正体がわかります。

    「まっくら くら くら くらーい くらい」 繰り返すことば、闇から光へと一瞬で変わる愉しさ。小さなひとが、びっくりするほど反応してくれる絵本。でんきをつける。日常の中のこんな何気ない単純なことがらに、驚きや喜びを見つけるあかちゃんの姿に、大人はいつも脱帽です。
    (0歳~)

    続きを読む>

    このコースを申し込む

  • 1歳「小さな手」コース

    おやすみ、ぼく

    作/アンドリュー・ダッド  訳者/落合恵子  絵/エマ・クエイ  出版社/クレヨンハウス  サイズ/32ページ 24*25.5cm 

    絵本¥1,620(本体¥1,500)+送料400円

    また あした
    「おやすみ」は、眠る前の魔法のことば。「おやすみ、ぼくのあしさん」 自分のからだのあちこちに、呼びかけながら眠りについていく、やさしい毛布のような絵本です。

    あし、おなか、おしり、耳・・・。きょう一日 「ありがとう」 と 「あしたもよろしくね」 を込めて、「おやすみ」。からだとこころを、そっとほぐしてくれます。小さなひととおやすみ前のひと時に。そして、わたし自身にも。(1歳~大人まで)

    続きを読む>

    このコースを申し込む

  • 2歳「小さな手」コース

    あおいよるのゆめ

    作/ガブリエーレ・クリーマ  訳者/さとう ななこ  出版社/ワールドライブラリー  サイズ/12ページ 20*19cm 

    絵本¥1,944(本体¥1,800)+送料400円

    小さな指で
    スライド式のしかけを、指で動かして遊ぶボードブック。夜空に星を浮かべたり、花を咲かせたり、空に虹を描いたり。小さなひとが、自分の指で、絵を変えることができるなんて! やさしいことばと楽しいしかけ。イタリアからやってきた美しい絵本です。(2歳~)

    続きを読む>

    このコースを申し込む

  • 3歳「小さな手」コース

    かいじゅうたちのいるところ

    作/モーリス・センダック  訳者/じんぐうてるお  出版社/冨山房  サイズ/40ページ 23.5*26cm 

    絵本¥1,512(本体¥1,400)+送料400円

    みなのもの! かいじゅうおどりを はじめよう!
    マックスはいたずらっこ。おかあさんに叱られ、夕ご飯抜きで寝室に放り込まれた。それでも、とどまることを知らぬマックスの想像力。寝室は、いつしか森となり、海となり、ボートに乗ってたどり着いたところは「かいじゅうたちのいるところ」で・・・!?
    小さなひとのこころの中を見事に描き出す、名作絵本。迫力あるかいじゅうがたくさん登場するのに、世界中の子どもたちを魅了し続けるのは、「行きて帰りし物語」だから。冒険に出かけて、帰ってくる。その中での成功や失敗が、子どもの自信、成長へとつながる。児童文学作家で翻訳家の瀬田貞二さんが生み出したことば、「行きて帰りし物語。冒険を終えたマックスが帰るのも、あたたかい夕食が待つ寝室だ。(3歳~)

    続きを読む>

    このコースを申し込む

  • 4歳「小さな手」コース

    うんちしたのはだれよ!

    作/ヴェルナー・ホルツヴァルト  訳者/関口裕昭  絵/ヴォルフ・エールブルッフ  出版社/偕成社  サイズ/24ページ 22*30cm 

    絵本¥1,404(本体¥1,300)+送料400円

    爆笑間違いなしの、「うんち」絵本
    ある日、もぐらくんが地面から顔を出した時、事件は起きました。もぐらくんの頭の上に、うんちが落下! 「なんて ひどいことを!」 怒ったもぐらくん、犯人探しに出かけます。「ねえ きみ、ぼくの あたまに うんち おとさなかった?」 ハト、ウマ、ウサギ、ヤギ・・・ いろんな動物の、いろんなうんちが、いろんな「音」を立てて登場!? うんちの話ですが、センスよくユーモアたっぷりに描かれる物語に、子どもたちは大爆笑。でも、あの、もぐらくん、うんちがずっと頭の上に乗ったままなんですけどー!(4歳~)

    続きを読む>

    このコースを申し込む

  • 5歳「小さな手」コース

    またまた ねえ、どれがいい?

    作/ジョン・バーニンガム  訳者/まつかわまゆみ  出版社/評論社  サイズ/32ページ 30*26cm 

    絵本¥1,620(本体¥1,500)+送料400円

    全部、やだー!?
    大人気絵本『ねえ、どれがいい?』から35年。なんと続編誕生。

    ミツバチの ハチミツづくりと
    ウサギの あなほりと
    ねえ、とっちが いい?

    なんて、愛らしい問いかけもあれば、

    ラクダの げろ、
    ゾウの おなら、
    ウシの うんち、
    ねえ、どれが いい?

    と、選べない! いや、選びたくない!と悩ましい選択肢が、今回もズラリと並ぶ、ユーモアたっぷりの大判絵本。学校での読み聞かせはもちろん、家族間で 「どれがいい?」 と一緒に読んでも大盛り上がり。どうしてそれを選んだの?って小さなひとに聞いてみると、想いもかけない面白い答えが返ってきたりしますよ。
    (4歳~)

    続きを読む>

    このコースを申し込む

絵本便の料金はお選びいただくコース、期間で異なります。 配本期間と料金をご覧ください。

感性豊かな時期に、自分で考える力を
対象/5歳~大人まで

「考える絵本」 コース

いのち、友情、自然、平和など、人として大切にしたいテーマを扱った絵本が届くコースです。読了後、湧き上がる気持ちを誰かと分かち合いたくなる絵本。ご家族で、お友達同士で一緒に読んで、それぞれの想いを語りあってみるもよし。自分で考える力が自然に備わる絵本です。小・中学生への読み聞かせにもお勧めです。

9月にお届けする絵本お申込み締切 8月25日

みえるとか みえないとか

作/ヨシタケシンスケ 作/伊藤亜紗 相談  出版社/アリス館  サイズ/32ページ 26*19cm 

絵本¥1,512(本体¥1,400)+送料400円

おたがいに おもしろがれば いいんだね
ぼくは、宇宙飛行士。降り立った星には、なんと目が3つあるひとたちがいた。この星のひとたちは、後ろにも目があって、前と後ろが同時に見えるらしい。だから、ぼくは普通にしているのに、「後ろが見えないなんてかわいそう」 とか 「後ろが見えないのに歩けるなんてすごい」 とか言われる。なんか変な感じ。

ぼくは、目の見えないひとに話しかけてみた。目の見えないひとが「見る」世界は、ぼくとは大きくちがっていて・・・!?

本書 『みえるとか みえないとか』 は、伊藤亜紗・著 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社) をきっかけに、ヨシタケシンスケさんが、伊藤さんに「相談」しながら作った絵本。

そもそも ぼくたちは みんな ちょっとずつちがう。
みんな それぞれ そのひとにしか わからない、
そのひとだけの みえかたや
かんじかたを もっている。

いつものヨシタケワールドを愉しむように、笑いながら読んでみてほしい。「普通」の概念、「障がい」の概念を、軽やかに超えていける絵本。
(4歳~大人まで)

続きを読む>

このコースを申し込む

絵本便の料金はお選びいただくコース、期間で異なります。 配本期間と料金をご覧ください。

いそがしい大人に、心がまるくなる絵本
対象/小学校高学年~大人まで

「大人( )絵本 -おとなえほん-」 コース

大人( の )絵本、大人( と )絵本、大人( にも )絵本…。( )に入れたい文字は、何でしょう? 絵本に年齢制限はありません。シンプルで深淵な言葉と美しい絵は、だからこそ大人の心を静かに揺り動かしてくれます。慌ただしい毎日に、ぽとりと落ちる一滴のしずくのような絵本を。大切な方への贈りものにも

9月にお届けする絵本お申込み締切 8月25日

まいごのどんぐり

作/松成真理子  出版社/童心社  サイズ/32ページ 26.5*19cm 

絵本¥1,404(本体¥1,300)+送料400円

コウくんがわらいました。ぼくもわらいました。
ぼくはどんぐり。コウくんのどんぐりです。名前はケーキ。コウくんが付けてくれた名前です。

いつも、どこへ行くにもコウくんと一緒だったケーキ。ある日、コウくんのぎゅう詰めのカバンから、落っこちてしまいました。コウくんは、一生懸命ぼくを探しますが・・・。

コウくんが泣きながらどんぐりを探す、真っ赤な夕焼けのシーンに息をのむ。少年とどんぐりのこころの交流を、美しい絵と想いあふれる言葉で描き出す。年月が流れ、それぞれが成長をしてからも、コウくん、ケーキ、ずっと互いのことを忘れなかった。クスクス笑いながらよみはじめ、途中で泣き出しそうになり、読了後は、あたたかなもので、こころが満たされる滋味深い絵本。小さなひとにも、大人の方にも。(5歳~大人まで)

続きを読む>

このコースを申し込む

絵本便の料金はお選びいただくコース、期間で異なります。 配本期間と料金をご覧ください。

tumblr

pagetop
×