スロウな本屋

オンラインショップ

img_20161001_114657

2016年10月01日(土)

10月のふくてんちょー

一冊の岩波少年文庫を、1か月かけて その魅力を伝える「今月のふくてんちょー」。
10月は、小学4年生・則井優希(ノリイ ユウキ)くんが担当します。
おすすめの一冊は、『まだらのひも』。

ご存知、ホウムズとワトスンの名コンビが、つぎつぎに事件を解決。
探偵小説の古典として、長く読み継がれるホウムズの物語から、
表題作の他、「赤毛連盟」「口のまがった馬」など6編を収録した本です。

ユウキふくてんちょー、実は、大のホウムズ好き。
その愛の深さたるや、とどまることを知りません。
用意してくれたポスターは、規定のA4サイズをはるかに越え・・・!?

img_20160930_151133

大作です。
その描き込まれた細部が、おもしろいったらありません!

img_20160930_151241

巨大なお屋敷風の絵は、本に収録された物語のうち、
「まだらのひも」
「赤毛連盟」
「技師の親指」
をそれぞれ元にして、構成されています。
読んだら、もう一度絵を見たくなること必死。

よくよく見ていると、「あるもの」が、どの場面にも描かれていることに
気が付きます。わかるかな?

img_20160930_151319img_20160930_151255

そう、それは「サンドウィッチ」。
ユウキふくてんちょー、ホウムズ好きが高じて、
英国文化も、自分でどんどん調べてしまいました。
某国営放送の番組「美の壺」で、紅茶の話をしていたら、
録画したものを静止して、ティーセットをスケッチしたり。
だからこそ、の「サンドウィッチ」。

img_20160930_151343

さて、問題です。
このふくてんちょーポスターに、
一体いくつの「サンドウィッチ」が、描かれているでしょう?

これ、結構ムズカシイ。
店主もふくてんちょーと一緒に、何度も何度も何度も何度も・・・数えました(ゼイゼイ)。
ホウムズ気分で、「サンドウィッチ」、数えてみてくださいね。

img_20161001_144816

お買い上げの方には、ふくてんちょー特製「ホウムズカード」進呈いたします。(英国の切手付き!)

tumblr

pagetop
×