スロウな本屋

オンラインショップ

img_20161015_112907

2016年10月15日(土)

子どもサンドウィッチ教室

10月のふくてんちょー、ユウキ君のポスターに描かれた、
たくさんのサンドウィッチ。
ホウムズも食べたに違いない、英国式キューカンバー・サンドウィッチを
実際に作ってみることにしました。
挑戦したのは、小学4年の男女4人と、6歳男子、講師は白崎茶会のパン先生、ombelicoさんです。

img_20161015_110547img_20161015_110529

はじめに、ユウキゆくてんちょーが、英国式のお茶会について説明を。
自分で描いた絵を紙芝居のように見せながら、
ティーカップのこと、きゅうりのサンドウィッチを食べるわけなど、
解説してくれました。
ふくてんちょー、文章はすべて暗記です!

レッスン開始。
ombelicoさんから、きゅうりはどんな野菜なのか、
実演付きで、わかりやすい解説をしていただいてから、
いざ! みんなで包丁をにぎります。

img_20161015_111601img_20161015_112124

・上下のへたを切り落とす。
・ヘタと本体を擦り合わせて、あく抜き。
・塩をふって板ずり。
・そして、薄ーく薄ーくスライス。

「きゅうりが薄いほど、高級サンドウィッチ」と誰かが言って、
みな、真剣なまなざしです。

img_20161015_113957

・きゅうりの水気を切る。
・パンにマヨネーズを塗る(角食パンも豆乳マヨネーズも、ombelicoさん作!)
・きゅうりを並べる。
・ぎゅっと押さえる。
・パンのミミを落とす。
・並べたきゅうりの向きに気を付けながら、半分にカット。

シンプルだからこそ、きちんと手間をかけて、ようやく出来上がりです。

img_20161015_114530

お待ちかねの試食タイム。
ombelicoさんがご用意くださったプチフール(クランブルケーキ、スコーン、りんごゼリー)と
紅茶で、英国式のお茶会です。

img_20161015_120221
ユウキふくてんちょーも、お菓子のセッティングをお手伝い。
一段目にはこれ、二段目には・・・と、ちゃんとルールがあります。

img_20161015_115437
ドキドキ、待ちどおしいなぁ。

食べる順番も、決まっているそう。
まずはサンドウィッチ、それからお菓子。
自分で作ったサンドウィッチは、格別の味。
紅茶はもちろん、ソーサーも手に取っていただく英国式で。

img_20161015_115628img_20161015_120544

「午後は習い事があるんだけど、ずっとここにいたいなぁ」
「今日の晩ご飯は、習ったサンドウイッチを家族に作ってあげる」

おなかも、こころも満たされて、無事終了。

キューカンバー・サンドウィッチが食べたい。
そんな思いを、見事に形にしてくださったombelicoさん、
素敵なレッスンを、ありがとうございました!
そのきっかけとなる力作ポスター、そして本日の見事なプレゼン。
ゆうきふくてんちょー、good job!
ふくてんちょーのホウムズ愛のおかげで、愉しい土曜日になりました。

img_20160930_151255

– – – – – – – –
<おまけ>
子どもたちも大絶賛の本日のお菓子は、このレシピ本から。→ 
ombelicoさん、すでに全メニューを制覇なさったとか。さすが。

ombelicoさんFacebookページ → 

tumblr

pagetop
×