スロウな本屋

オンラインショップ

IMG_20170305_141409

2017年03月05日(日)

『今月のふくてんちょー』製本風景

歴代ふくてんちょーが集結し、「ふくてんちょー会議」を開きました。これまでのみんなのオススメ本を一冊の本にするべく、和綴じ製本にチャレンジ! ナビゲートは、装丁を担ってくださった、タケシマレイコさんです。

まずは、紙を折ることからスタート。B4サイズの印刷用紙を、手分けして半分に折ります。折り終わったら、ひとりに各ページ3枚ずつ渡され、それをページ番号順に並べ直したものを3セット作ります。ここで迷いはじめるふくてんちょー、ちらほら(笑)。

IMG_20170305_141429

各ふくてんちょーは、事前に渡された素材で、それぞれ個性的な表紙を作ってきていました。製本に入る前に、ひとりずつ自分がつくった表紙を発表します。自分の好きなものを描いた表紙、ふくてんちょー任期時に選んだ本とリンクさせた表紙、みんなが紹介した本からエッセンスを抜粋して作った表紙、春らしい表紙などなど・・・。それぞれの表紙にちゃんと理由がありました。

続いては、紙に綴じ穴を開けます。かなづちと錐(または目打ち)を使って、トントントントン。この穴開け作業で、手こずるふくてんちょーが続出しました。こちらの準備不足で、人数分のクリップを用意できなかったため(ゴメンナサーイ!)、用紙が次第にずれてしまって作業が難航したり、一番下の用紙までなかなか穴が開けられなかったふくてんちょーも。ふたり一組で協力しながらの作業風景も見られました。みんな、エライ! がんばった!

IMG_20170305_145454IMG_20170305_150003

穴を開け終えたら、糸で綴じていきます。作業が早いふくてんちょーもいれば、糸が通らなくて悪戦苦闘するふくてんちょーも。なかなか通らない針をかなづちで打ちこんだKoふくてんちょー。間違えて、反対側を綴じてしまったSふくてんちょー。糸がこんがらがって泣きそうになったKaふくてんちょー。綴じる順序も、ちょっと難しかったかな。家庭科の授業で針を持つのは5年生からだそうで、「はじめてで緊張した!」とは、4年生のふくてんちょー談。

IMG_20170305_162008

ネイロ堂。さんでの座談会を終えたお母さんたちが戻っていらした時、約半数のふくてんちょーは、まだ作業の途中でした。ここまでおひとりで全員をサポートしてくださっていたタケシマレイコさんに、お母さんたちが強力サポートに加わってくださって。

IMG_20170305_165233

Sふくてんちょーが間違って綴じた一冊も、ちゃんと綴じ直されました。糸をほどいた跡が残ってしまったけれど、これはこれで個性のある「レア」アイテム! 穴の理由はちゃんとPOPで説明も加えました。

IMG_20170306_113921

こうして、3時間(以上?)をかけて、出来上がった『今月のふくてんちょー』はこちら。(待ちきれなくて自分で買って帰ったふくてんちょーもあり、全点をご紹介できませんがご了承ください)

IMG_20170306_112812IMG_20170306_112919

IMG_20170306_112337ハヤトくんの

IMG_20170306_113242IMG_20170306_113835

IMG_20170306_113359IMG_20170306_112642

IMG_20170306_113719IMG_20170303_123732

IMG_20170306_113556IMG_20170306_113336

実は、大人たちの不手際で、3組余分に印刷していたことが当日判明。しかし、頼もしいふくてんちょーたちが、即興でささっと作ってくれたりも。

IMG_20170306_113526

よく見ると、細かいところにメッセージが入っていました。

IMG_20170306_113100 「本からとびだす不思議の世界」

IMG_20170306_114055 ローマ字で「スロウな本屋」…!

 

シンプルで細やかな配慮に満ちた装丁、そしてふくてんちょーたちとの粘り強い製本ワークショップは、タケシマレイコさんのご尽力によるもの。製本作業はかなり疲れたけれど、とても豊かな体験であったことは、みんなの達成感に満ちた表情が物語っていました。

この日、強力な助っ人がいたことも付記しておきましょう。ふくてんちょーの妹2人、TちゃんとMちゃんが、素敵な看板を用意してくれましたよ。

IMG_20170306_120149

ふくてんちょーたち自らが製本した『今月のふくてんちょー』、3月8日より販売開始です。売上の一部は、Free The Children Japan を通じて、途上国の子どもたちの支援に役立てられます。みんなの想いがこもった『今月のふくてんちょー』は、子どもから子どもへの読書の一助となる、ユニークなブックガイドです(世界で1冊だけ、という意味でも!)。子どもたちに手ごたえのある本を、と願うみなさまに、ぜひともお手に取っていただけましたら幸いです。

tumblr

pagetop
×