スロウな本屋

オンラインショップ

sakuyu_taiken

2018年02月04日(日)

ablabo. ワークショップ「つばき油を搾ろう!」

自分で拾った椿の実から、油を搾ってみよう! 毎日の食事でいただく「油」、どんな風にできるかご存知ですか? 油は植物の尊い命からできています。油の専門家、ablabo.主宰・大林油佳さんと一緒に、実際に油を搾りながら、油について愉しく教わる親子ワークショップを開催します。搾った油の試食はもちろん、様々な種類の油のテイスティングも! どこからきて、どこへいくのか。油の一滴一滴を見つめる目が、きっと変わります。

今回のワークショップでは、使用する「椿の実」を、参加者のみなさんに事前に集めてきていただきます。ご近所の生垣や公園など、目を凝らせば身の周りにあるものです。椿の木の持ち主に「椿の実、ください!」とお声をかけて採らせてもらっても。さあ、どこにあるかな? 探してみてください。

– – – – – – – –
<椿の実の選び方 ポイント>

IMG_1564
グリーンの実はまだ未熟なものです。ベストは茶色く割れて木についたままのもの、その次は木から落ちてなるべく時間が経っていないものです。去年の実は、実自体が軽く、割ってみると中がスカスカ、という状態なので、実が詰まっていそうなものを拾ってください。木の個体差はありますが、10月〜1月頃まで採れます。

IMG_1565

– – – – – – – –
日 時:2018年2月4日(日)①13:30 – 14:30 ②15:00 – 16:00
場 所:スロウな本屋(岡山市北区南方2-9-7 tel.086-207-2182)
定 員:各回5組(対象年齢:5歳~)
参加費:1,800円
持ち物:椿の実(10粒くらい。多くても少なくても大丈夫です!)

– – – – – – – –
<講師プロフィール> 大林油佳
油屋ablabo.代表。西粟倉村に工房を構え、植物の種子から油を製造しています。ナタネ、ヒマワリ、エゴマ油の製造・販売だけでなく、様々な種から油を搾ったりブレンドしたり、油で出来る色んな事を研究・開発しています。
ホームページ:http://ablabo.org/
Facebook:https://www.facebook.com/ablabo722

– – – – – – – –
<お申込み方法>
スロウな本屋まで(件名「あぶら」 / info★slowbooks.jp ★を@に変えて送信してください)。①参加者全員のお名前、子どもの年齢 / ②ご住所 / ③当日の緊急連絡先のお電話番号 / ④ご希望の時間 / ⑤書籍のご予約(ご希望の場合のみ) をお知らせください。

– – – – – – – –
<書籍予約販売>
講師・大林さんオススメの一冊『油の絵本』を、ご希望の方に予約制にて販売いたします。身近にあるのに意外と知らない油のあれこれをわかりやすく解説。自分で油を搾ったり、油から何かを作ったりもできますよ。

abura mini

油の絵本
すずきおさむ 編 みやざきひでと 絵 農文協 刊 1800円+税

書籍予約受付締切:1月24日(水)19:00
締切後もご予約は随時受付可能ですが、ワークショップ開催日には間に合わない可能性があります。予めご了承ください。

– – – – – – – –
<お願い>
お申し込みの際は、できるだけパソコンメールをご利用ください。携帯メールご利用の場合、迷惑メール防止などの受信拒否設定により、こちらからの返信メールが届かない場合があります。恐れ入りますが、「slowbooks.jp」のドメイン指定受信ができるよう設定変更を行ってから、お申込みをお願いします。尚、弊社からの返信メールがお送りできない場合、参加お申し込みをお断りすることがございます。予めご了承ください。また、お申込みから3日以上たっても返信メールが届かない場合は、お問合せくださいませ。

tumblr

pagetop
×