スロウな本屋

オンラインショップ

かみや

2018年08月31日(金)

読書会『生きがいについて』

神谷美恵子さんの名著『生きがいについて』を、1年かけてゆっくりじっくり読む読書会を開催します。1914年岡山市に生まれ、長島愛生園で精神科医として15年に渡り勤務した神谷美恵子さん。つねに苦しむひと、悲しむひとのそばにあって、たゆみない思索を続けていました。

私たちにとって、生きがいや生きる意味とは何でしょう? 不幸にして失った場合、どうしたらまた新しい生きがいを見出すことができるのでしょう? 神谷美恵子さんの思索をたどりながら、自分のこころに問いかけ、感じたことを声に出してみましょう。ことばに表すことで、気持ちや感情と上手に距離を取り、新しい何かが見つかるかもしれません。秋には、長島愛生園へのツアーを企画しています。現地を歩き、自分の目で見て感じることで、「本を読む」という経験を一緒に深めていければ。

進行:木下志穂

– – – – – – – –
<開催概要>
日 時:8月31日(金)19:00 – 21:00
場 所:スロウな本屋 / 岡山市北区南方2-9-7
参加費:1500円(「ネイロ堂。」さんのコーヒーとお菓子付)
定 員:7名 <満席になりました。キャンセル待ちで承り中>

– – – – – – –
<参加ルール>
1)開催日までに、スロウな本屋で『生きがいについて』を購入(ご配送可・送料別途)。
2)当日までに、指定されたページ(各回約40~50ページ程度)を読了。今回は、はじめに~第2章(p.3~48)を読みます。

ルールは、この2つだけ。全10回(2018年8月~2019年5月)開催予定。単発でも、連続でも、自由にご参加いただけます。

– – – – – – – –
<課題本>

いきがい300
生きがいについて
神谷美恵子 著/みすず書房 刊/1,600円+税

– – – – – – – –
<木下志穂さんプロフィール>
1982年大阪生まれ。大阪大学文学部卒(倫理学)。教育出版社への就職を機に2007年より岡山在住。岡山大学、文化財団勤務を経て、現在は哲学カフェ等の哲学対話を実践する他、芸術・文化事業のライターやプログラムマネージャーとしても活動中。様々な人が、自由に多様な価値観を持ち、共に対話できる場をつくっていきたい。てつぷら岡山代表。

– – – – – – – –
<お申込み方法>
スロウな本屋まで、メールにてお申込みください。
1)件名「生きがいについて」、本文に ①お名前 / ②ご住所 / ③当日の緊急連絡先のお電話番号 をご明記の上、info★slowbooks.jp(★を@に変えてください)宛に送信してください。
2)当店からの返信をもって、ご予約完了です(メールの受信設定にご注意ください)。
3)参加費は当日受付時にお支払いください。

tumblr

pagetop
×